GT SPORTが11月、12月、1月、2月、3月のアップデート内容を発表! イベントと車種が無料追加!

3月(1.15)のアップデート内容

グランツーリスモスポーツが3月のアップデート(1.15)を発表しました!

GT500を含む13台の車両の追加の他、筑波サーキットが追加されたのが大きな話題です!



スポンサードリンク


3月アップデートの追加車両

・レクサス au TOM’S RC F ’16 (Gr.2)



・日産 MOTUL AUTECH GT-R ’16 (Gr.2)



・ホンダ RAYBRIG NSX CONCEPT-GT ’16 (Gr.2)



・グランツーリスモ レッドブル X2014 Standard ’14 (Gr.X)



・グランツーリスモ レッドブル X2014 Junior ’14 (Gr.X)



・アストンマーティン DB11 ’16 (N 600)



・BMW M3 Sport Evolution ’89 (N 200)



・エッカーツ・ロッドアンドカスタム Mach Forty (N 800)



・フォード GT40 Mark I ’66 (N 400)



スポンサードリンク



・レクサス RC F GT3 (Emil Frey Racing) ’17 (Gr.3)



・マツダ RX-7 GT-X (FC) ’90 (N 200)



・日産 GT-R ニスモ ’17 (N 600)



・日産 スカイライン GT-R V・spec (R33) ’97 (N 300)


3月アップデートの追加コース

・筑波サーキット

東京都心からもほど近い、茨城県・下妻市にある人気サーキットです。

全長こそ2,045mとコンパクトですが、大小さまざまなコーナーが組み合わされたテクニカルなレイアウトが、多くのドライバーを魅了してきました。

1970年のオープン以来、全日本ツーリングカー選手権を始めとするビッグイベントの舞台となってきた他、自動車メディアがクルマの性能評価を行うベンチマークサーキットとしても知られています。


3月アップデートの追加イベント

GTリーグに3つのイベントが追加されます!

・Nissan GT-R カップ(ビギナーリーグ)

日産が誇るスポーツモデルの系譜。“GT-R”限定レース。



・レッドブルXジュニアシリーズ(アマチュアリーグ)

レッドブルXシリーズ入門カテゴリー、X2014ジュニア・ワンメイクレース。



・全日本GTカー選手権(プロフェッショナルリーグ)

市販車の面影を残したピュアレーシングカー、グループ2車両限定レース。


その他のアップデート

VRツアーに、「VRタイムトライアル」が追加されました。

スケープスに桜特集が追加されました。

・ブランドセントラルの「ミニ」と「ルノー スポール」にミュージアムが追加されました。

2月(1.13)のアップデート内容

GTSPORTが2月のアップデート(1.13)を実施しました!

今回のアップデートにより、12台の車種と新たなコースレイアウトの追加、GTリーグのイベントが追加されます。


新規車両の追加

新規収録車種として、以下の12台を追加しました。

・アルピーヌ A110 1600S ’72



・アルピーヌ A110 Premiere Edition ’17



・アウディ R8 4.2 FSI R tronic ’07



・デ・トマソ パンテーラ ’71



・ダッヂ チャレンジャー R/T ’70



・フォード マスタング Mach 1 ’71





・グランツーリスモ F1500T-A



・ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4 ’11



・スバル WRX STI Isle of Man Time Attack Car ’16



・スバル ファルケンタイヤ / ターン14 ディストリビューション BRZ ’17



・トヨタ スープラ 3.0GT TURBO A ’88



・トヨタ MR2 GT-S ’97



 

新規コースレイアウトの追加

新規レイアウトとして、以下の1コース4レイアウトを追加しました。

・ブルームーン・ベイ・スピードウェイ・インフィールドA
・ブルームーン・ベイ・スピードウェイ・インフィールド A II

アメリカ・ベイエリアを舞台にしたブルームーン・ベイ・スピードウェイ。この三角形のオーバルコースの一部に、インフィールドセクションを接続したハイブリッド・オーバルです。全長は3,350m。第1ターン手前からインフィールドをショートカットしてバックストレートへ向かい、ここから再びインフィールドへ進入して、タイトなヘアピンコーナーをクリアし、オーバルの第3ターン手前に復帰します。逆走レイアウトも収録しています。


・ブルームーン・ベイ・スピードウェイ・インフィールド B
・ブルームーン・ベイ・スピードウェイ・インフィールド B II

トライ・オーバルのブルームーン・ベイ・スピードウェイに追加されたもう一つのハイブリッド・オーバルです。全長は2,860m。コースの前半はインフィールドAと同様ですが、バックストレートと第3ターン手前を、池の上を横断するストレートで繋いだ比較的シンプルなレイアウトです。スピードロスを最小限に抑えてライバルに勝利しましょう。逆走レイアウトも収録しています。




キャンペーンの追加

「サーキットエクスペリエンス」に、モンツァ・サーキットを追加しました。

「GTリーグ」に、以下のイベントを追加しました。

  ・ビギナーリーグ「スターズ&ストライプス」
・ アマチュアリーグ「ビジョン グランツーリスモ・トロフィー」
・ プロフェッショナルリーグ「F1500選手権」
・「サンデーカップ」第6戦、第7戦
・「クラブマンカップ」第6戦
・「プレミアムスポーツラウンジ」第4戦、第5戦
・「ポルシェカップ」第2戦

 

1月のアップデート内容(1.11)

GTSPORTが1月のアップデートを発表しました!

今回のアップデートで1.11になります。

今回のアップデートで新しいコース(モンツァ)と新しいコースレイアウト、そして新しいクルマ10車種が追加されました!

さらにGTリーグに新しいイベントも追加されます。

待ちに待った1月のアップデートです。

公式の詳細の動画も公開されています。



 

以下公式HPより


GTリーグのイベント追加

1. キャンペーンの「GTリーグ」に以下の4つのイベントを追加します。

・ビギナーリーグ「ラプターサバイバル」

これぞ、アメリカン・ピックアップトラック。フォード F-150ワンメイクイベント。



・アマチュアリーグ「J-スポーツ ミーティング」

個性的でハイパフォーマンス。百花繚乱のジャパニーズ・スポーツ、ここに集結。



・プロフェッショナルリーグ「ラ・フェスタ・キャバリーノ」

跳ね馬たちの祭典。フェラーリ限定のレースシリーズ。



・耐久リーグ「Gr.3 耐久」

市販車から変身を遂げたレーシングモデル、グループ3カー限定の耐久レース。

 

しっかりイベントも増やしてくれるのも嬉しいですね。

特にJ-スポーツミーティングは、これまでの追加車種を有意義に活かせられるイベントだと思います!

GTSPORT 1月の追加車種

トヨタ スープラ RZ ’97 (N300)

トヨタ 2000GT ’67 (N200)

トヨタ FT-1 (Gr.X)

ジャガー XJ13 ’66 (Gr.X)

マクラーレン F1 ’94 (N600)

フェラーリ 512BB ’76 (N400)

フェラーリ 330 P4 ’67 (Gr.X)

ランボルギーニ ディアブロ GT ’00 (N600)

フォード フォードGT ’06 (N600)

ダッヂ バイパー GTS ’02 (N500)

 

スーパーカーを中心に車種が追加されましたね!

日本車種ではスープラと2000GT、FT-1が追加されました。

特にスープラは待ちに待った人がたくさんいると思います。

念願のプレミアム化です!


コースのとレイアウトの追加

モンツァ・サーキット北イタリア・ミラノの郊外、緑の美しいモンツァ国立公園内にある名サーキット。

その完成は1922年まで遡り、常設サーキットとしてはブルックランズ、インディアナポリスに次ぐ史上3番目という長い歴史を誇ります。

かつてはハイバンクのオーバル区間も存在しましたが、現在のコースはいくつかのシケインと複合コーナーをロングストレートで繋いだ超高速レイアウト。

今回はシケインありのレイアウトに加えて、シケイン無しレイアウトも収録し、ヒリヒリするようなハイスピードドライブが楽しめます。



レイク・マジョーレ・サーキット 中央レイアウト(逆走:中央レイアウトII)北イタリアのアルプスを舞台とした「レイク・マジョーレ・サーキット」のホームストレート区間を使ったショートカットコースです。

全長1.7kmとコンパクトですが、全開区間が長く迫力は充分。逆走レイアウトも収録しています。



レイク・マジョーレ・サーキット 東レイアウト(逆走:東レイアウトII)「レイク・マジョーレ・サーキット」のホームストレート区間とコース東側を接続したショートカットコースです。

全長およそ3.6kmのコース中にはテクニカルなS字区間もあり、ドライバーの腕前が試されます。逆走レイアウトも収録しました。



レイク・マジョーレ・サーキット 西レイアウト(逆走:西レイアウトII)「レイク・マジョーレ・サーキット」のホームストレート区間とコース西側を接続したショートカットコースです。

全長およそ4.1kmの高速レイアウト。バックストレートの終わりには強烈なアップダウンが待ち構え、ダイナミックな走りが楽しめます。

逆走レイアウトも収録しました。

 

モンツァサーキットが追加されました!

また複数のレイアウトも追加されることにより、遊びごたえのあるボリュームになってきましたね!

まとめ

コースや車種の追加など、大きなアップデートでした!

まだまだ3月までのアップデートも控えています。

これからも楽しみですね!

これからのグランツーリスモスポーツのアップデートにも期待しましょう!

 

 

11月、12月アップデート

グランツーリスモスポーツが今後の大幅なアップデートのプランを発表しました。

発売されてから初めての大規模アップデートです。

1.06と1.07の2回に分けられて、アップデートが実施されます。

12月追記

アップデート内容の詳細についてはこちら!

GT SPORTが12月クリスマスアップデートを実施! イベントと車種が追加!

2017.12.22



 

11月27日予定 1.06アップデート

以下公式サイトより

11月27日予定 1.06アップデートの内容

1.キャンペーンモード、スケープス、リバリーエディタがオフライン状態でも操作可能になります。(ただし、進捗状態を保存するには、オンラインにする必要があります。)

2.クルマの挙動シミュレーションモデルを一部改良しました。特にグリップの低い市販車においてリアリティと操作性の両方が向上しています。

3.上記の変更に合わせ、より快適なゲームプレイを実現するために、キャンペーンモードに含まれる、ドライビングスクール、ミッションチャレンジの難易度を調整しました。

4.スポーツモードのオンライン対戦において、スポーツマンシップレーティング(以下、SR)の判定アルゴリズムの改善、および、自分だけでなく、接触した相手のSRが下がった場合には、それがわかるよう表示を追加しました。

5.スケープスの特集に”紅葉”を追加しました。それに伴い、いくつかの新規スポットが加わっています。

6.以下の3台のクルマを新たに無料で追加します。

・ザガート イソリヴォルタ ザガート ビジョン グランツーリスモ(Gr.X)



・アウディ R18 (Audi Sport Team Joest)(Gr.1)



・シェルビー コブラ 427 (N500)





12月予定 1.07アップデート

1.09で実装されました!

GT SPORTが12月クリスマスアップデートを実施! イベントと車種が追加!

2017.12.22

12日予定 1.07アップデートの内容

タイトル1.シングルプレイヤーモード「GTリーグ」を追加。過去のGTシリーズに収録されていた「サンデーカップ」や「クラブマンカップ」「FFチャレンジ」など、チューニング可能な幅広い参加可能車種から参戦できるシングルプレーヤー用のゲームモードです。





2.以下の12台のクルマを無料で追加します。

・マツダ RX-7 Spirit R Type A (FD)
・日産スカイライン GT-R V・spec II (R32)
・日産 スカイラインGT-R V・spec II Nür (R34)
・フォード F-150 SVT Raptor
・ランボルギーニ カウンタック LP400
・フェラーリ F40
・フェラーリ エンツォ フェラーリ
・KTM X-BOW R
・スズキ スイフトスポーツ
・フォルクスワーゲン サンババス Typ 2 (T1)
・クリス・ホルストロム・コンセプト 1967 シェビー ノヴァ
・シボレー コルベット Stingray Convertible (C3)




ついに車種追加のアップデートと、イベント追加のアップデートが来ましたね!

グランツーリスモユーザーにはおなじみの「サンデーカップ」や「クラブマンカップ」が実装されます。

 

さらに車種には念願の90年代、00年代のスポーツカーが実装されます!

案の定スカイラインGT-R R33はハブられちゃいましたが、R32とR34、そしてFDが追加されるのは嬉しいですね。

また以前から情報が出ていた、ランボルギーニ カウンタックなどのオールドスーパーカーも追加されます。

驚きなのはF-150が車種リストに入っていること!

アメリカで一番売れているクルマです。

様々なクルマを収録するという、グランツーリスモ本来の形になってきましたね。

 

発売から3月にかけて約50台のクルマがアップデートで実装される予定です。

今回で15台追加されたので、残り約35台が気になりますね!

かねてより噂されているGT500が実装されるのでしょうか!?

またコースも順次追加されるようです。

 

これからの進化が楽しみですね!

 

こちらの記事もどうぞ!

カッコいい!まさに職人技! グランツーリスモスポーツ リバリー14選!

2017.10.23

まるで実写そのもの! グランツーリスモスポーツ スケープスフォト10選

2017.12.05

スポンサードリンク