グランツーリスモスポーツが1月のアップデートを発表!

GTSPORTが1月のアップデートを発表しました!

今回のアップデートで1.11となります。

今回のアップデートで新しいコース(モンツァ)と新しいコースレイアウト、そして新しいクルマ10車種が追加されました!

さらにGTリーグに新しいイベントも追加されます。

待ちに待った1月のアップデートです。

公式の詳細の動画も公開されています。



 

以下公式HPより

スポンサードリンク


GTリーグのイベント追加

1. キャンペーンの「GTリーグ」に以下の4つのイベントを追加します。

・ビギナーリーグ「ラプターサバイバル」

これぞ、アメリカン・ピックアップトラック。フォード F-150ワンメイクイベント。



・アマチュアリーグ「J-スポーツ ミーティング」

個性的でハイパフォーマンス。百花繚乱のジャパニーズ・スポーツ、ここに集結。



・プロフェッショナルリーグ「ラ・フェスタ・キャバリーノ」

跳ね馬たちの祭典。フェラーリ限定のレースシリーズ。



・耐久リーグ「Gr.3 耐久」

市販車から変身を遂げたレーシングモデル、グループ3カー限定の耐久レース。

 

しっかりイベントも増やしてくれるのも嬉しいですね。

特にJ-スポーツミーティングは、これまでの追加車種を有意義に活かせられるイベントだと思います!

GTSPORT 1月の追加車種

トヨタ スープラ RZ ’97 (N300)


トヨタ 2000GT ’67 (N200)


トヨタ FT-1 (Gr.X)


ジャガー XJ13 ’66 (Gr.X)


マクラーレン F1 ’94 (N600)


フェラーリ 512BB ’76 (N400)


フェラーリ 330 P4 ’67 (Gr.X)


ランボルギーニ ディアブロ GT ’00 (N600)


フォード フォードGT ’06 (N600)


ダッヂ バイパー GTS ’02 (N500)

 

スーパーカーを中心に車種が追加されましたね!

日本車種ではスープラと2000GT、FT-1が追加されました。

特にスープラは待ちに待った人がたくさんいると思います。

念願のプレミアム化です!

スポンサードリンク


コースのとレイアウトの追加

モンツァ・サーキット

北イタリア・ミラノの郊外、緑の美しいモンツァ国立公園内にある名サーキット。

その完成は1922年まで遡り、常設サーキットとしてはブルックランズ、インディアナポリスに次ぐ史上3番目という長い歴史を誇ります。

かつてはハイバンクのオーバル区間も存在しましたが、現在のコースはいくつかのシケインと複合コーナーをロングストレートで繋いだ超高速レイアウト。

今回はシケインありのレイアウトに加えて、シケイン無しレイアウトも収録し、ヒリヒリするようなハイスピードドライブが楽しめます。


レイク・マジョーレ・サーキット 中央レイアウト(逆走:中央レイアウトII)

北イタリアのアルプスを舞台とした「レイク・マジョーレ・サーキット」のホームストレート区間を使ったショートカットコースです。

全長1.7kmとコンパクトですが、全開区間が長く迫力は充分。逆走レイアウトも収録しています。


レイク・マジョーレ・サーキット 東レイアウト(逆走:東レイアウトII)

「レイク・マジョーレ・サーキット」のホームストレート区間とコース東側を接続したショートカットコースです。

全長およそ3.6kmのコース中にはテクニカルなS字区間もあり、ドライバーの腕前が試されます。逆走レイアウトも収録しました。


レイク・マジョーレ・サーキット 西レイアウト(逆走:西レイアウトII)

「レイク・マジョーレ・サーキット」のホームストレート区間とコース西側を接続したショートカットコースです。

全長およそ4.1kmの高速レイアウト。バックストレートの終わりには強烈なアップダウンが待ち構え、ダイナミックな走りが楽しめます。

逆走レイアウトも収録しました。

 

モンツァサーキットが追加されました!

また複数のレイアウトも追加されることにより、遊びごたえのあるボリュームになってきましたね!

まとめ

コースや車種の追加など、大きなアップデートでした!

まだまだ3月までのアップデートも控えています。

これからも楽しみですね!

これからのグランツーリスモスポーツのアップデートにも期待しましょう!

まるで実写そのもの! グランツーリスモスポーツ スケープスフォト10選

2017.12.05

カッコいい!まさに職人技! グランツーリスモスポーツ リバリー14選!

2017.10.23

スポンサードリンク