ユーカーパックで実際にクルマを売却!利用して分かったメリットをご紹介!

これまでユーカーパックを利用して、車を売却した記事を書いてきました。

今回はそれらを総まとめにして、1つの記事として紹介したいと思います。

ユーカーパックとは?

今まで車を売却しようとした際に、選択肢としては一括査定が当たり前でした。

しかし一括査定は電話でのやりとりなど、何かと面倒なことが多いです。

それに対して、『より高く』『より簡単』『より安心』に車を売ることの出来るサービスが、このユーカーパックです。

「より高く」

このユーカーパックの特徴は、オークション形式で競りを行うことです。

一括査定の場合は多くて最大10社の競りを行いますが、ユーカーパックなら最大2,000社が競って入札します。

つまり、一括査定よりも車が高く売れる可能性が高いのです。

「より簡単」

一括査定で10社見積もりを取る場合は、1社につき大体1時間ほど査定に時間が掛かります。

1時間×10台だと合計で10時間も掛かってしまいます。時間的にかなりの損失になってしまいますね。

ユーカーパックなら、一度だけ1時間ほどの査定をすれば、その車両情報を基に2,000社が入札するので、一括査定よりも簡単に車を高く売ることが出来ます。

「より安心」

一括査定の場合は、申込をした瞬間に個人情報が各社に流れてしまうので、突然多くの電話が鳴ったり家に押し掛けられてしまうこともあります。

1社ならまだしも10社から問い合わせが殺到したら、たまったものではありません。

ユーカーパックなら買取会社へ公開されるのは「車の査定情報」だけであり、個人情報は一切公開されません。

実際に連絡を取るのは、ユーカーパック1社のみです。

そのため、安心して利用できます。

一括査定での連絡地獄が面倒だったので、このシステムは非常に助かりました。

(売却確定後に、買取業者とちょっとした引き取り連絡は発生しますけれどもね)

スポンサードリンク


ユーカーパックを利用して分かった4つのメリット

煩わしい電話からない!

これは非常に良かったです。

なおかつ必要な連絡は迅速に対応してもらえます。

例えば、査定の申し込みをした時や、査定終了後の連絡は、待たされることなく連絡をもらえます。

必要最低限の連絡で、自動車売買できるのは、ユーカーパックならではです。

中間マージンがないため、高価買取が期待できる!

こちらは実際に買い取ってもらった業者に聞いた話でもあります。

ユーカーパックを利用した場合、販売店との中間業者がないため、高額買取が期待できます。

地方の小さな業者でも、買取車種に特徴を持っていたり、探している車があると、大きな金額を提示してくれます。

一括査定では、査定してもらえない、評価してもらえない販売店にも見てもらえるのは強みです。

個人情報の提示が必要最低限で済ませられる!

前記でも述べましたが、一括査定の場合はそれぞれの企業に個人情報が流れます。

そのためいきなり営業の電話が入ってくることも当たり前です。

そういった個人情報が、ユーカーパック1社で済ませられることは、楽ですし、何より安心です。

買取業者に対しても、「車の査定情報」「都道府県」「年代・性別」のみしか個人情報は流れません。

オークションの競りが面白い!

これは完全に客観的に見た感想です 笑

オークションは2日間に渡って行われます。

特に最終日の終了目前には、競合いがヒートアップして、どんどん価格が上がっていきます。

その様子を自宅のパソコンからリアルタイムで見られるので、非常に面白く、なおかつ興奮しました。

これはユーカーパックを利用してもらわないと味わえない面白さです。

実際の売却までの流れ

まずはインターネットで申し込み

まずはインターネット上で申し込みの記入をします。

申し込みが終わると、営業時間内であれば、すぐにユーカーパックから電話がかかってきます。

ここで車の追加情報(ボディーカラーなど)を問われ、その後査定の日程調整を行います。

ガソリンスタンドでの査定ができるとありますが、近くになければ、出張査定が可能です。

私の場合は出張査定で対応してもらうことにしました。

これで初回の電話は完了。

非常にスムーズに話は進みました。

この際、ユーカーパックのHPにマイページが作成されます。

査定当日

場所は自宅駐車場にて行いました。

査定時間の30分くらい前に、確認の電話がかかってきて、5分前くらいに到着されました。

対応してくれた査定員の方は、非常に愛想の良い方でした。

ここで車検証と免許証の確認をし、査定スタートです。

はじめに事故歴などのアンケートを書きます。

だいたい査定時間は1時間くらいかかるとのことでしたが、自分の場合は1時間半ほどかかりました。

その間は自宅待機でも問題ないので、気にならないかと思います。

査定が終わると、携帯電話に連絡を入れてくれます。

査定のポイント

査定のポイントを聞いて見ると、やはり骨格(フレーム)を見るそうです。

特に主要箇所のボルトの脱着歴がないか、細かく見られていました。

一つ一つ丁寧に見ていくので、その分時間がかかってしまうのだと思います。

査定員の方も、そういう事情のため時間がかかってしまうのが申し訳ないと言っていました。

オーナーとしての売り込み

そして査定終了後、オーナーとして車の売り込みポイントを述べます。

これはオークションのページに、出品者コメントや査定員コメントとして載せる情報や、ユーカーパックへの本部へ送る情報になります。

自分の場合はオプションでつけたナビや、コーティング、禁煙車などを説明しました。

これで査定は終了です。

査定終了後、マイページに今回の査定情報が反映されます。

車の画像や、傷などの具合などです。

また出品者コメントも、今回は査定員の方が代わりに丁寧に書いていただいたので、私の場合はほぼ編集せずにそのまま載せました。

スポンサードリンク


売り切り価格の設定

査定終了後、ユーカーパックの本部から電話がかかってきます。

ここで車の売り切り価格を決定します。

売り切り価格とは?

ユーカーパックはオークション形式です。

オーナーが「この値段以上なら売ってもいいかな」と言うボーダーラインが売り切り価格です。

売り切り価格以上の入札があった場合には、必ずその業者に売却しなければなりません。

それならばと、「売り切り価格を高めに設定した場合、必ず売らなければならないと言うリスクを回避できるのでは?」

と言う疑問を、オペレーターに投げかけたところ、

 

「市場相場価格から大きく外れた出品は、買取店が入札に加わりにくく、高額買取が見込めない」

 

とのことです。

売り切り価格は買取店には見えませんが、売り切り価格を突破した出品はその趣旨のランプが点灯するようです。

そこから一気にオークションがヒートアップするとのことでした。

ですので、いかに市場価格と、自分の望む売り切り価格を設定するかが肝となります。

オークションが終わってから感じますが、本当に重要なポイントです。

オペレーターの人とよく相談して決めましょう!

また、事前に自分の車の相場価格を知っておきましょう。

実際の売却結果

参考:オートバックスの持込あんしん査定結果

参考として、オートバックスの持込あんしん査定の結果を載せておきます。

こちらはオートバックスに車を持ち込んで査定してもらい、その査定結果を元に買取業者を募る、ある意味ユーカーパックに似たシステムです。

ただし買取業者の範囲が狭く、思うような査定結果は得られませんでした。

なおA社の価格は私の車の買取相場とほぼ同じです。
価格
A社 523,000円
B社 413,000円
C社 355,000円

ユーカーパックの査定結果

価格
Z社 660,000円
Y社 629,000円
X社 580,000円
W社 570,000円
V社 550,000円
U社 430,000円
なんと相場より約14万円高い結果が出ました。

買取業者によって価格の差が見られますが、欲しいという業者はしっかりお金を出してくれるという証拠ですね。

オークション終了後もユーカーパックにお任せ!

終了すると、ユーカーパックから連絡が入り、車両の引き取り日の相談と、必要書類の説明があります。

ユーカーパックが業者と日時を調整してくれて、日時が決まると再度連絡が入り、必要書類がレターパックで送られて来ます。

 

必要事項を記入して返送します。

そして車両の引き取り日になると、買取業者から連絡が入るので、そこで引き渡して完了です。

 

このように、必要最低限の負担で、車を売却できるのがユーカーパックの強みではないかと思います。

ちなみにここまで手数料というのはなく、売却価格がそのまま口座に振り込まれます。

まとめ

車の売却は、下取りに出すより買取業者に出した方が高く買い取ってもらえるのが相場です。

しかしこれまで車の売却というのは面倒でした。

ただユーカーパックが登場してからは、その煩わしさが一気に解消されるくらい、非常に素晴らしいシステムだと思います。

私は初めての車の売却でしたが、ユーカーパックを選んで大正解でした。

全体を通して料金はかからず無料なので、気になっている方はぜひ、査定をしてみてくださいね!

【ユーカーパック】



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください