意外とハードルが低い! 一人で回転寿司に行ってみた!

一人で行動を起こすのって、何事にも勇気がいりますよね。

一人旅、ソロキャンプ、ソロツーリング・・・

全部自分がやってみたいことです 笑

 

その中で個人的にハードルが高いのは、一人食事です。

もちろんチェーンの牛丼屋やラーメン店なら問題なく入ることができます。

問題はそれ以外です。

個人的に寿司が好きなので、回転寿司に一人チャレンジすることに前々から興味がありました。

ですがなかなか入る勇気がない。。。

悶々としていましたが、先日初一人回転寿司にチャレンジしてきましたので、レポートします!!

スポンサードリンク


はま寿司に一人回転寿司へ!

行ってきたのは「はま寿司」です。

平日は一皿90円というサービスをしています。

こりゃ行くしかないなと思い、はま寿司へ行ってきました。

 

受付はペッパー君がお出迎えしてくれます。

タッチ画面の操作で、受付を済ませます。

混雑していない時間帯に行ったので、すぐに案内されました。

 

この時に重要なのは、席の選び方です。

カウンター席とテーブル席が選べます。

もちろんテーブル席の方がゆったりとして座れますが、周りはグループ客で囲まれます。

ちょっと人目が気になりますよね。

一人回転寿司の場合は、カウンター席が断然オススメです。

意外と快適!カウンター席

案内されたカウンター席は、全部で15席ほどありました。

驚いたことに、結構な人数のお一人様がいたことです。

若い女性の方もいました。

自分の思っているほど、一人回転寿司のハードルって低いのかもしれませんね。

 

カウンター席には一人ぶんの注文用タッチパネルと調味料があります。

給湯部は隣とシェアする感じです。



隣同士、席の感覚が窮屈かなーと思っていましたが、そうでもありませんでした。

一人でゆったりと食事ができるスペースが確保できます。

一蘭の味集中カウンターと同じ感覚です。


会計もあっさり簡単!

食事を終えたら、タッチパネルにある「会計」ボタンを押します。

そうしたら店員さんが来てくれて、皿の枚数を数えて後にレシートを渡してくれます。

それを持ってレジにて会計を済ませたら完了です。

ほんと、あっさりと食事を済ませることができます。

こんなに一人回転寿司が身近なものだとは知りませんでした。。。

スポンサードリンク


まとめ

結論:一人回転寿司は意外とハードルが低い

あまり一人で食事をすることに抵抗を感じる人間ですが、そんな人でも気分を害することなく食事ができました。

ちょっとした自分へのご馳走として、一人回転寿司に行ってみるのはいいかもしれません。

自分もこれを機に、ちょくちょく一人回転寿司に行こうと思います。

 

ちょっと一人で行くには躊躇いがあるんだよなー

 

っていう人も、ぜひチャレンジしてみてください!

何事にも挑戦です! 笑

スポンサードリンク