簡単でオススメ!「ソレアード ヨーグルトメーカー SO-161」を使ってみました!

最近、健康のために朝、ヨーグルトを食べるようになりました。

ヨーグルトを食べてて思っていたのは、「ヨーグルトメーカー」という存在。

牛乳を使って、自宅で手軽にヨーグルトを作れちゃうという優れもの。

前々から気になっていました。

 

そしてついに、ヨーグルトメーカーを手に入れました!

その名も

ソレアード ヨーグルトメーカー SO-161!


アマゾンでもっとも安く買えるヨーグルトメーカーです。

タイマーどころか電源スイッチすらない超シンプルなマシーン!

実際に使ってみました!

スポンサードリンク



ソレアード ヨーグルトメーカーの使い方

用意するものは牛乳と、種菌となるヨーグルトのみです!

今回は1000mlの牛乳と、明治ブルガリアヨーグルトを準備しました。



牛乳1000mlに対して、種菌は120ml必要だと説明書に書かれています。

時間はだいたい10時間ほどで完成するようです。



種菌となるヨーグルトをしっかりかき混ぜて、液状にします。

液状になったヨーグルトを、今度は牛乳の中に入れていきます。

この際に注意ですが、少し牛乳のかさを減らしておきましょう!

忘れがちになってしまいますが、溢れそうになってしまう恐れがあります。



 

電源はコンセントを刺すことで、自動的にONになります。

超シンプル設計です。

使い終わったら、コンセントを抜くことを忘れないようにしましょう。

そんなこんなで準備は完了です!

牛乳口をクリップか洗濯バサミで閉じて、一晩冷蔵庫に寝かせましょう!



スポンサードリンク



出来はきちんとしたヨーグルトに!

一晩経って、牛乳を取り出してみました。

口を広げてみると、ホエーが出来ていました!

無事にヨーグルトの完成です!





味は元々のブルガリアヨーグルトと比べて、全く遜色ありません!

変に酸味があるとか、クセがあるとか、懸念していたことは全くありませんでした!

特に難しいことはやっていませんが、こんなに簡単にヨーグルトができるなんて驚きです!

 

色々ヨーグルトの種菌を変えて、様々なヨーグルト作りにチャレンジしてみると面白いかもしれませんね!

R1とか比較的高いヨーグルトなんかも作れちゃうようなので、経済的にもヨーグルトメーカーはオススメです。

まとめ

価格がもっとも安いヨーグルトメーカー。

本当にヨーグルトできるの!?

と思ってしまいそうでしたが、きちんと作ることができました!

ヨーグルトメーカーに興味があるけれども、あまりコストをかけたくないなぁ・・・

と思っている方に、このヨーグルトメーカーはオススメです。
でもやっぱりタイマーや温度調節機能も欲しいなぁ・・・

という方は、以下の商品がオススメです。

特にアイリスオーヤマの製品が、Amazonの売り上げNo.1を誇っています。

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー プレミアム 温度調節機能付き IYM-012。

予算に余裕があれば、こちらがオススメです。
その他にも、ソレアードとアイリスオーヤマの間の価格帯のヨーグルトメーカーもあります。
一度種菌が出来てしまえば、牛乳を購入するごとにエンドレスヨーグルト製造循環に入ることができます。

ヨーグルトを頻繁に食べている方は、ぜひヨーグルト作りにチャレンジしてみてくださいね!

スポンサードリンク