英語のboarding houseとはどういう意味?どういった場面で使う?

先日、前々からお世話になっていたオンライン英会話の講師の先生だった人からメッセンジャーでメッセージが届きました。

その文の中に、聞き慣れないものが。

boarding house

いったいこれはどういう意味なのか?

少し調べてみました。

スポンサードリンク


boarding houseの意味は「下宿」「宿泊施設」

boarding houseの意味は、「下宿」「宿泊施設」という意味。

特に下宿においては、食事付きの宿泊所という意味合いが強いようです。

日本語らしいニュアンスに直すと、「寮」といったところでしょうか。

Where do we meet up?

(どこで会おうか?)

At the boarding house near the university.

(大学の近くの下宿所で)

 

そもそも「boarding house」はどんな場面で使うの?

どういった場面でboading houseを使うかというと、

生まれ故郷を離れて学校に行っている、もしくは就職した先に滞在している家のことをいうようです。

今回私に使ってきた例文は、このようなセンテンスでした。

I quit my job last year.

(会社は去年辞めたよ)

Oh, do you still in your boarding house?

(まだ下宿先にはいるの?)

 

このような流れで使われました。

下宿となると大学生が一人暮らしした時のイメージで使うことが多いですが、社会人になっても使うようですね。

スポンサードリンク


まとめ

以上が、boarding houseの意味でした。

このように外国人の友達を持つと、色々な英語の表現に触れることができて良いです。

私は外国人の友達は、オンライン英会話経由で作りました。

是非色々とオンライン英会話を試してみて、友達を作ってみてくださいね。

【簡単比較】3つのオンライン英会話を実際に受けてみた感想とレビュー!オススメはどれだ!?

2018年8月4日

スポンサードリンク