オススメのTOEIC Part5対策本! TEX加藤の「TOEIC L&Rテスト文法問題でる1000問」

今やTOEICを受験するということは、世間に幅広く浸透しました。

入社基準や昇進基準になっている会社もあるようで、TOEIC対策に苦労している学生、社会人も多くいるかと思います。

 

ご存知の通り、TOEICは全部でPart1からPart7まであります。

色々な勉強方法がありますが、多くの方は参考書を用いて勉強されていると思います。

しかし世の中色々な参考書があり、どれを選べば良いか迷いますよね。

 

今回はその中でPart5対策で最もオススメの本

「TOEIC L&Rテスト文法問題でる1000問」

をご紹介します!

スポンサードリンク


パート5に出題される英文の圧倒的なボリューム!

この本にはなんと1049問の英文が収録されています!

やり込みがいのあるボリュームです。

 

それぞれテーマごとに分かれており、「品詞問題」「動詞問題」「前置詞・接続詞問題」と分かりやすい構成です。

そして後半に実際の問題同様に30問の新規模試問題が12セット入っています。

 

本の帯に書いてある通り、「とにかく量をこなしたい!」という方にオススメです。

問題の解説が丁寧で分かりやすい!

参考書の問題って、正解の選択肢の解説をして、はい終了!

っていうことが多くないですか?

「なんでこの選択肢は間違いなの!?」

という疑問が湧いても、解決することができません。

 

一方この参考書は、きちんと全ての選択肢の解説をしてくれます!

ですので「なんでこの選択肢はハズレなの??」という事がありません。

すっきりと問題を解く事ができます。



本の作りも左側に問題があり、右側に回答と解説と、非常に分かりやすいです。

勉強の継続やモチベーションの維持に関わる部分ですから、ユーザーフレンドリーな構成は嬉しいですよね!

模試を想定した実践問題が12セットある!

内容構成にも記述しましたが、実践的な模試問題が12セット入っています。

これで本番を想定した訓練が可能です。

またマークシートも巻末にあるので、切り取るなりコピーするなりで使用することができます。

 

もちろん実践問題の12セットも、丁寧な解説付きなので、

「どうしてなの!分からない!」

という事を防ぐ事ができます。

よくある参考書の実践問題は回答だけで済ますケースが多い中、きちんと解説が付いているのは嬉しい事です。

スポンサードリンク


まとめ

ちなみにPart5を極めることは、Part6にも繋がります。

これは本の中でTEX加藤さんも言っていますし、スタディサプリENGLISHの関さんも同様に言っています。

Part5の対策だけでなく、Part6の点数アップにも貢献できるのです。

それだけ、Part5の対策は重要となります。

 

いかがでしたか。

TOEICに出題される問題には傾向があります。

TEX加藤さんは毎回のようにスコア990点を取る講師です。

その方が監修した問題集です。ハズレな訳がありません。

きちんとTOEICに出題される傾向を把握されて、この本を作られたんだなと実感します。

 

ちなみに音声ダウンロードも無料で可能です。

これでリスニング能力も鍛える事ができます。

この本1冊持っているだけで、幅広く英語の能力を向上させる事ができるんです。

色々な参考書を買ってきましたが、この本は買って大正解でした。

 

TOEICを受験される皆さんは、1冊持っておくことを強くオススメします!

それくらい効果的な参考書です。

スポンサードリンク