デザイン良し! SONYのCMT-X5CDを使ってみました

コンポって便利ですよね。

CDはもちろん、ラジオも聞ける。

さらにUSB接続やBluetooth接続で音楽を楽しめる。

そんなシステムステレオのお探しの方には、ソニーのCMT-X5CDがオススメです。

今回CMT-X5CDを触れる機会がありましたので、レビューしてみます。

CMT-X5CDの特徴

デザイン

無駄のない、シンプルかつカッコいいデザインです。

またコンポとしては非常にコンパクトで、置き場所にも困りません。

上部のボタンはタッチパネルを採用しており、非常にスタイリッシュです。


スポンサードリンク


音質

サイズからはあまり音質は期待出来ないかな〜、と思っていましたが、そんなことありませんでした。

低音から高音まで、十分な音が鳴ってくれます。

個人的には高音が得意なように思えます。

BOSEのSoundlink Miniの低音と比較すると、ちょっと低音は物足りないかなと感じました。

音圧がすごいBluetoothスピーカーのおすすめ! Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker

2017.12.15

最大出力は20W+20Wの40Wです。

様々な機器の音源を再生出来る

マルチコネクトコンポとして、様々な機器の音源を再生可能です。
  • Bluetooth接続(WALKMAN、iPod、PCなど)
  • USB接続
  • CD
  • FM/AMラジオ
  • 外部入力
特にワイヤレス接続で音楽を聴くことがとても便利です。

Bluetooth機器をペアリングして音楽を楽しめることが出来ます。

またスマホやタブレットなどにNFCがある場合は、ワンタッチで接続が完了します。

すごく簡単に接続できて驚きでした!

まずスマホ側でNFC機能をONにします。

そしてスピーカー上部の「N」の部分にタッチします。


これで完了です!

スピーカー側がスマホを認識してくれて、その音源が流れます。

Xperiaを接続すると、ディスプレイ部分に「Xperia」と表示されます。


本体裏側にはUSB端子と、Audio IN(外部入力)端子があります。

ここからウォークマンをUSB端子経由で再生したり、USBメモリの曲を再生したり、またはオーディオケーブルをINして音源を流すことが出来ます。


スポンサードリンク


リモコンで操作も楽々

もちろんリモコンもついてきます。

シンプルなリモコンで、操作も楽々です。

まとめ

最近はもっぱらBluetoothスピーカーが主流ですよね。

Bluetooth接続とオーディオジャックからの入力のみのスピーカーばっかりです。

そんな中で、CDも聴きたい!ラジオも聴きたい!

というコンポに対するユーザーの期待に応えてくれる機種です。

Bluetoothだけでは物足りない!という方には、オススメの選択肢だと思います。

非常にコンパクトなので、置く場所にも困りませんしね!

スポンサードリンク