【液タブ入門に最適】HUIONの液タブ Kamvas 13はコスパ抜群の入門モデル!

以前に板タブを購入して、それを利用して絵を描き始めました。

板タブの魅力はなんと言っても、安価にデジタルで絵を描けるようになること。

しかし実際に紙に描く感覚とは異なっています。

絵を描いてみるにつれて、もっと感覚的に絵を描きたい! と思うようになりました。

そこで何かいい液タブは無いかとずっと探していて、お手頃価格で手の届きやすい製品を探していました。

そして見つけたのが、「HUION液タブ Kamvas 13」!

今回購入したので、レビューしてみたいと思います。




スポンサードリンク


HUION液タブ Kamvas 13を購入に至るまで

私は絵を描き始めたばかりの、ものすごくライトなユーザーです。

その視点からのレビューとなります。

液タブには安価で買えるものとして、いくつかのメーカーに絞られます。

XP-PenやGAOMONなど。

最近はWacomも安価なモデルを出してますね。

個人的に重要視した要素は以下の通り。

液タブ購入において重要視した要素
  • 2~3万円でなるべく大きな画面であること
  • 物理キーがついていること
  • 筆圧感度が高いこと
  • 信頼性が高い製品であること

この要素を満たす製品を探していました。それがHUIONの液タブ Kamvas 13だったのです。

Amazonで購入し、使ってみました。

HUION液タブ Kamvas 13のレビュー


立派な箱に入って届きました。

開封して、ドライバーをインストールして、PCと接続して、作画ソフトを立ち上げたら使えます。


画面解像度はFHDということで、問題なく綺麗に映ります。

これ液タブとしてではなく、サブディスプレイとしても使えますね。

ペンを近づけたらマウス操作、クリック操作もできるので、何かと便利に使えそうです。


CLIP STUDIO PAINTを立ち上げてみました。

今までペンタブを使っていたのが嘘みたいに、楽に絵を描くことができます。

作業感があったものが一切なく、楽しんで絵を描ける…!!!

この一言に尽きます。

安かろう悪かろうと思いきや、全く問題はありません。


斜めに線を引いた時のジャギー感や、ペン先から描画したディスプレイとの距離など、事前に気になった要素はありましたが、実際に使ってみたところ、全く問題は感じられません。

少なくとも初めて液タブを買うユーザーや、ライトユーザーにとっては、問題ない性能でしょう。

手元で描いたものが、まるで紙のように滑らかに描画されるのは、描いていてとても気持ちがいいです。

HUION液タブ Kamvas 13のケーブルについて

HUIONの液タブ Kamvas13はUSB-TypeCがついていて、付属品としてType-C to Type-A and HDMIのケーブルを使って接続します。


私はMacBookProを使っているので、HDMIのハブを噛ませて接続しています。

しかしそれだと、ケーブルが机上で大変なことになりがちです。

ただこの液タブは、画面転送ができる高性能なType-Cケーブルであれば、Type-C to Type-Cの1本で接続可能です。

これだ!と思い、Type-Cのケーブルを購入。

ただ事前に調べておいた、液タブの接続部分の口が狭いから、Type-Cのケーブルを削る必要がある、とのレビューを見て、やすりも購入しておきました。


 






実際に確認してみると、確かに差込口に入らない。

やすりを手に取り、早速削っていくぞー!

と気合を入れて取り組みました。

 


全然削れない・・・

硬くてめちゃくちゃ大変です。。。

ある程度試して、心が折れました。

 

余計な手間を掛けたくない、楽に接続したい、という方には、HUION純正のType-C to Type-Cケーブルを購入することをお勧めします。

少なくとも私は純正ケーブルを買うことにしました。




スポンサードリンク


HUION液タブ Kamvas 13のまとめ

楽しく絵を描きたい! という方には、胸を張ってお勧めできます!

私はペンタブを使っていた頃よりも断然、液タブを使っている今の方が絵を描く機会が増えて、楽しく描いています。

ペンタブと比較したら、高価な代物にはなりますが、それ以上のパフォーマンス、そして楽しさが得られます。

絵を描くことを趣味にしていきたい。楽しみにしていきたい。

そう考えている方にとっては、オススメです!




私が購入したスタンド付きはこちら↓


スポンサードリンク