タニタのデジタルクッキングスケール KD-187-WHを買ってみた

これから料理をしようということで、色々とレシピ本をみています。
その中に分量が出て来ますが、理系の性なのか、きっちり計りたくて仕方ありません。

そこでキッチン用のスケールを購入することにしました。


スポンサードリンク


タニタのKD-187-WHを購入

購入したのはタニタのKD-187-WH。
Amazonで1000円ちょっとでした。



重量は1kgまでいけます。



1g単位で表示することが可能。
非常にシンプルな外観とコンパクトさが特徴です。

また6分経てば自動でパワーオフになってくれる機能もついています。
切り忘れで電池の消耗を防ぐことができますね。

KD-187-WHを実際に使ってみた



表示ディスプレイはデジタル表示で大きく、見えやすいです。

操作するボタンも2つしかないので、シンプルでわかりやすい構造です。



ものを乗せた状態で「0表示」ボタンを押すと、0gにリセットされます。
追加で分量を入れるときに使える機能ですね。

嬉しいフック付き

本体重量が軽いので、フックにかけて置くことができます。



収納のレパートリーを増やしてくれるので、助かります。
私はここにフックをかけて、収納しています。

まとめ

1000円出すだけで、必要最低限の機能を有したスケールを購入することができます。
これでようやく、分量を計りながら料理ができる環境が整いました。

あとは本人のやる気次第ですね。。。笑

しっかりスケールを活用した料理を作れるよう、頑張りたいと思います!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください