Nikonのカメラ用にNewmowaの互換バッテリーEN-EL14を購入しました!

私の普段使用している1眼レフカメラは、NikonのD5300です。

そのカメラの使用しているバッテリーは、EN-EL14というものになります。

この純正バッテリー、買おうとなると中々高いんですよね。。。




本当は純正バッテリーを買いたいところなのですが、中々手が出ませんでした。

探してみると互換性のあるバッテリーが売っていることが分かり、尚且つバッテリーの数も2個入りなどあるではありませんか!

こちらの方がコスパが良い!

若干の不安を覚えつつも、Newmowaの互換バッテリーを購入してみました。

結論から言いますと、問題なく使えました!


スポンサードリンク


Newmowaの互換性バッテリーはEN-EL14が2個入り

この製品は、EN-EL14互換性のあるバッテリーが2個入りでついてきます。

そして充電器も2個セットできるものが標準です。

一度で2個充電できるのが良いですね。

満充電稼働かも、備え付けのLEDライトで判断できるので便利です。

もちろん片側一方だけでの充電も可能です。


そして端子はUSBなので、モバイルバッテリーからの充電も可能です!

ですので外出先などのコンセントがない環境においても、モバイルバッテリーがあれば充電できます。

普段はコンセントから急速充電、そして外出先ではモバイルバッテリーから充電と、用途に合わせて充電できるのがポイントです。

Newmowaの電池の容量はどのくらい?

電池の容量は1030mAhと、純正品より若干少ないです。

そのためカメラの起動可能時間もその分短くなります。

ですが誤差程度の範囲ですし、予備バッテリーもあるので、そこまで気にする必要はないかと思います。

Newmowaの互換性バッテリーを使うにあたっての注意ポイント

自分の実体験をも含めて、このバッテリーの使用上の注意です。

それは以下2つとなります。
  1. バッテリーを充電器に差しっぱなしにしないようにする
  2. 付属の充電器で充電する
この2点です。

バッテリーを充電器に差しっぱなしにしないようにする

バッテリーを充電器に差しっぱなしにして、しばらく放置していると、この間満充電にしていたのにも関わらず、完全放電してしまうことがあります。

私のケースだと、前に充電しておいて、いざ使おうとなった際に「あれ、電池が認識しない!?」ということがありました。

改めて充電し直すと、問題なく認識してくれました。

もしバッテリーがカメラから認識してくれない!となった場合は、落ち着いて再度充電してみましょう。

そしてバッテリーの保管の際は、充電器から取り外しておきましょう。

付属の充電器で充電する

付属の充電器ではなく、Nikonの純正の充電器を使用することは、オススメしないです。

なぜなら純正の充電器を使用して、互換性のあるバッテリーを充電すると満充電できないケースが見られているからです。

きちんと純正品は純正のバッテリー、互換性のあるバッテリーはその充電器を使いましょう。

スポンサードリンク


まとめ

社外品のバッテリーも、問題なく使えることがわかりました。

コストパフォーマンスが優れているので、社外品を普段使いすることをオススメします。

どうしても安全性や信頼性は確保しておきたい・・・!

という方に対しては純正品をオススメします。

少し値段は張りますけれどもね。

基本は社外品の互換性バッテリーで大丈夫です!


スポンサードリンク