オススメの携帯ウォシュレット!Viaesの携帯おしり洗浄器のレビュー

私がこれまで一人暮らしをしていた中で、物件を探すにあたって拘っていた要素が一つあります。

それはウォシュレットがあるかどうか。

今やウォシュレットのないトイレと対面すると、あぁ〜↓となるくらいに、依存している機械です。

ですが一旦実家に引っ越すことになり、残念ながら実家にはウォシュレットがありません。

今までの生活、職場でも自宅でも慣れ親しんできたウォシュレットとの離れ離れは辛い。。。

そんな時に見つけたのが携帯ウォシュレットという存在!

市場にはいくつか製品が出回っていますが、今回はその中でも安価なViaesの携帯おしり洗浄器を買ったのでレビューしたいと思います!


スポンサードリンク


携帯ウォシュレットについて

そもそも携帯ウォシュレットって何なんだという話ですが、簡単に言えばハンディタイプのウォシュレットで、機械に水を汲んで、ノズルからタンクの水を発射することができます。

需要としてはウォシュレットのない海外先での使用や、赤ちゃんのオムツ替えの際、看護の現場、そして私のようなウォシュレットを使えない家での使用などであります。

結構需要は大きいようで、メジャーな家電製品を販売しているメーカーからも携帯ウォシュレットは出ています。

TOTOやパナソニックなどですね。

6000〜7000円台と中々なお値段がしますが、評判は良いようです。





その中で、半額の3000円台で買える携帯ウォシュレットがありました!

それがViaesの携帯おしり洗浄器

安かろう悪かろうかな?

と思いつつも、評判も良いことだし、初めての携帯ウォシュレットデビューだから試しに買ってみようと思い購入に踏み切りました。

Viaes携帯ウォシュレットの使い方

Viaesおしり洗浄器の箱の外観


きちんとした梱包の箱に入っていました。


裏面の説明欄です。

標準モードとソフトモードの二つを搭載しているようです。

Viaesおしり洗浄器の梱包物、説明書


梱包物は左から
  • Viaesおしり洗浄器本体
  • 説明書
  • 交換用ノズル
  • 持ち運び用の袋
  • ペットボトル接続用のアダプター
  • アダプターの説明書
  • 単4電池
となっています。

電池が付いてきているので、すぐに使えるのが嬉しいですね。


使用方法は説明書によるとこのような感じです。
  1. 電池を入れる
  2. 本体とタンクを外す
  3. タンクに水を入れる
  4. 本体とタンクを接続する
  5. ノズルを引き出す
  6. ボタンを押す
非常にシンプルな使い方で、日常使いにも優しいです。

Viaesおしり洗浄器の使い方


まず本体とタンクを切り離します。

口をくるっと回せば簡単に取れます。


そしてタンクに水を入れます。

タンクの最大容量は140mlです。

その後、本体と再度ドッキングさせて準備が完了です。

使う際に格納してあるノズルを引出しましょう。


完成形はこのような形になります。

ノズルは180°まで回すことができます。

実際にソフトモードと標準モードを使ってみましょう!


標準モードは一般のウォシュレットの強さ中と同じくらいかなと思える勢いです。

全然不足は感じません。

ちなみにタンク140mlで標準モードを使用すると、連続30秒くらい出続けます。

1回に使う分には十分ですね。

もし交換がめんどくさいという人には、タンクをペットボトルに変えるアダプターがついていますので、そちらを使用するのがオススメです。

スポンサードリンク


まとめ

Viaesの携帯ウォシュレット、買うときはどうかな?

と思っていましたが、すごく良い品でした。

あとは耐久性ですが、この商品には1年保証がついているので、万が一の時があっても安心です。

携帯ウォシュレットが欲しいけど、大手メーカーの製品にはちょっと価格的に手が出難いかな?

という人にとてもオススメのものです!

ぜひ使ってみてくださいね。


スポンサードリンク