煩わしいケーブルとおさらば! ウォークマン Wシリーズをレビュー

愛用していたウォークマンがほぼ死亡しました。

南無南無。。。

代替機ですが、まだ購入していません。

NW-A40が狙い目!? 私のウォークマンが死にかけてるから買い替えを検討する



やはり高額な商品ですから、なかなか手が出にくいです。

ただ音楽との生活は断ち切れません。

どうにか外出先でも音楽を楽しめるようにしたい。

 

そんな中、買ってからしばらく埋まっていたガジェットがあることに気がつきました。

それがウォークマン Wシリーズ。



(画像は現行機種)

2年くらい前、ジムに行っていた時に、スポーツ用に音楽を聴ける環境を構築したい! と購入しました。

それから引っ越してジムに行くことが無くなってからは、しばらく封印されていた子です。

今がまた活躍の時!? と思い、また取り出して使い始めました。

ということで、ウォークマンWシリーズに関して、簡単にレビューしたいと思います。

ちなみに今持っているWシリーズと、現行のWシリーズの相違は、主にBluetooth機能の有無だけだと思うので、参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク


ヘッドホン一体型で、ケーブルの煩わしさがない!

この製品は、ヘッドホン一体型です。

ウォークマン本体からイヤホンやヘッドホンを刺す必要が無いので、ランニングなどのスポーツ時は、ケーブルの煩わしさから解放されます!

ランニング中に、イヤホンケーブルがブラブラするのは邪魔ですからね。

外出先での使用においても、ケーブルが絡まる懸念が無いので、スタイリッシュに使えます。


防水! 防塵! どんな環境にもタフなウォークマン

防水で海水にもOKなウォークマンです。

ジムのような室内だけでなく、海や川といったアウトドアの環境でも活躍します!

なかなかここまで使える電化製品はないんじゃないでしょうか。

これもウォークマンWシリーズの特徴です。


周囲の環境音を拾える便利な「外音取り込み機能」

外でのランニングにおいて、イヤホンをしたまま走るのは、周りの環境音が聞こえず危ないです。

事故のもとになってしまう可能性があります。

そんな懸念を払拭してくれるのがこの、外音取り込み機能。

これは左右に内蔵されたマイクロホンが周囲の環境音を拾い、周りに気を配ることができます。



これが便利な機能かつ、簡単にオンオフができるので重宝しています。

集中したいときはオフにして、音楽を楽しめます。

 

外出先では、例えば電車に乗っている時にオンにして、車内アナウンスが聞こえるようにしておくことで、降り逃すことを防ぐことができます。

とっても便利な機能です。

スポンサードリンク


Wシリーズのウィークポイント

音質

やはりヘッドホン一体型ということで、音質は通常のウォークマンと比較すると劣ります。

ただし聴くことに対して違和感を持つほどではないので、特にこだわりがなければ問題ないかと。

長時間使用時の違和感

長時間使用していると、少し耳周りに疲れを感じます。

これは自分だけかもしれませんけれども。

そんなにぶっ続けで使用しないとなれば、問題ないかと思います。

まとめ



現行機種はさらに進化して、Bluetooth機能が強化されて、スマートフォンとの連携ができるようになりました。

(その代わり8GBのモデルが無くなりましたが。。。)

個人的におすすめは8GBモデルだったんですけどね。

容量的にちょうどいいし。

ともかく、スポーツ用途で考えるとおすすめなウォークマンです。

通常用途としても次のウォークマンまでの繋ぎとして、頑張ってもらいたいと思います。

買っておいて良かった 笑

スポンサードリンク