人生を変えるなら何かを捨てる行動をしなくてはならない

誰もが自分の納得いく人生を歩みたいものです。

ですが誰しもがそういう人生を思い描けるわけではありません。

理想の人生を歩むためには、それ相応の覚悟と行動が必要です。

自分への戒めを込めて、今回はそのことについて述べたいと思います。

スポンサードリンク


人生を変えるなら、今持っているものを捨てること

人は様々なものを背負っています。

会社員としての肩書き、家族、趣味、人付き合いなど…

どれも大切なものです。

ですが欲張って全てを持ったまま、人生を変えようとしてもうまくいきません。

なぜなら行動する制限がかかるから。

 

会社員なら時間が縛られます。

人付き合いをすると、お金や付き合う時間が飛んでいきます。

趣味にも時間を費やしてしまいます。

 

本気で人生を変えたいのであれば、その変える行動に取り組む時間を確保する必要があります。

だからその背負っているものを捨て去る勇気が必要です。

私が人生を変えるために捨てるもの

私も本気で人生を変えにいきます。

そのために以下の3つを全て捨てます。

 
  1. 人付き合い
  2. 趣味
  3. 生活水準
 

人付き合い

幸いと言えるか分かりませんが、人付き合いの幅は広くありません。

だから無駄に飲みに誘われたり、遊びに行ったりということは元々少ないです。

それ以上に、さらに切り詰めていきます。

これによって無駄なお金の出費や時間の消耗を無くすことできます。

ちょっぴり寂しい決断ですが、将来のリターンを考えると今必要な事です。

家族や親友といった、一部の大切な関係だけ残します。

 

一方で人脈の形成は重要視していきます。

人付き合いと人脈形成は別のベクトルです。

上手く立ち回りながら、しっかりお金と時間を節約し、人との関係を築いていきます。

趣味

趣味といった自分への時間も全て無くします。

映画鑑賞が好きだったのですが、この時間を切り詰めます。

ドライブも好きなのですが、クルマを売ったのでその時間も無くすことができました。

これを捨てるのは、非常に辛いことです。

ですがこのような辛い思いをして成長しないと、自分自身を変えられないと思っています。

 

もちろんリフレッシュの手段が必要だと思います。

そのための手段というものも一応確保しておきます。

それは勉強しながら並行してできるもの。

その方法としては、
  • 紅茶、コーヒーを飲む
  • 音楽を聴く
です。

それ以外の趣味は全て断捨離します。

楽しい思いができるのは、自身が成長した後でいい。

今はやるべきことをやる。

生活水準を下げる

贅沢は切り捨てます。

収入を無くしても、やっていけるように余計な支出を減らします。

人は生活水準を上げると、下げにくくなるものです。

ここは徐々に慣らしていって、適応していきたいと思います。

ストイックに過ごせる耐性を身に付けておきます。

ここまでして何を目指すか

ここまでストイックな姿勢で物事をやろうとする人はなかなかいません。

だからこそ、価値があると思っています。

人が歩まないような道を歩む。

そこに希少価値があるから、自身の価値も上がる。

幸いにも時間はあります。

ここから1年を投じて、自身がどこまで変われるかチャレンジしていきたいと思っています。

20代のうちに人生の軌道を変える。

そうすることで残りの人生が大きく変わる。

 

その答え合わせは1年後です。

スポンサードリンク


まとめ

つらつらと自身の思いを書いていきましたが、これから1年は苦しい戦いになります。

今成功している人は、そのような経験をしたことのある人だと思っています。

だからこそ、自分もその人たちを参考にして、成功を掴み取る。

今、どん底にいるからこそ、成功の喜びも分かる。

今は辛抱の時。

スポンサードリンク