鬱や引きこもりから、社会復帰する為に必要な第一歩とは?

余裕の少ない、負荷の高い現代社会。

皆さんも日々の暮らしに消耗していませんか?

私は消耗しきって、一度潰れてしまいました。

さて、潰れた後はどうするか。これが大事です。

まずはしっかり休養を取りましょう。

その後に考えられるのが、社会への復帰です。

スポンサードリンク



うつ病や引きこもりになると、社会との関係が断絶される

鬱病を患ったり、引きこもりになってしまうと、社会との関係が断絶されます。

また人との出会いを極力避けるようになる為、人間関係も崩れてしまうことも多いです。

これにより、当人の社会的能力は著しく低下します。

大変な問題ですよね。

まだ家庭を持っていたり、実家住まいだった場合はコミュニケーションをする機会はあると思います。

一番の問題は一人暮らしの人々です。

一人で抱え込んでしまいがちになってしまいます。

コミュニケーションの場を失い、社会的能力が急速に衰えていくのです。

リカバリー期で自分の状態を確認

ある程度休養が取れた場合、少し体を動かせることが可能になると思います。

その時は、一旦自分の体の調子や、メンタルの調子の様子を見てみましょう。

 

少し何か出来そうかな?

 

というやる気がで始めたら、回復し始めている証拠です。

ちょっとずつ進んでいきましょう。

家に出られなくても、掃除をしてみるとか、映画を観てみるとか、ブログを始めてみるとか。

少しずつ自分のやる気を具体的な形にしていきましょう。

社会への復帰の第一歩は、「図書館へ通う」こと

社会へ復帰するということは、社会人として全うできるということです。

それは1日に8時間は勤務できるということ。

その為のトレーニングとして、外出する訓練をする必要があります。

そこでおすすめなのは、図書館へ毎日通うことです。

近くの図書館へ通うことで、通勤の訓練、小さな社会(図書館)という空間に馴染むということが出来ます。

最初は大変かもしれませんが、非常に大事な一歩です。

 

図書館では自分の好きなようにやってみましょう。

例えば興味のある本を読んだり、英語の勉強をしたり。

8時間あるうちを図書館で過ごし、勤務している自分をイメージしてみましょう。

外に出て、外の空気に触れる。

これが回復する為に非常に大事なことです。

スポンサードリンク



余裕が出来たら自分自身を振り返ってみよう

余裕ができたら、なぜ自分がこうなったかを振り返ってみましょう。

これは今後の再発を防止する為です。

なぜ自分がこういう状況に陥ったか。

どういう考え方を持っていて、どういう結論に至ったか。

今後同じような場面と境遇した場合、どのように対処すべきか。

考えられるだけ考えて、書き出してみましょう。

くれぐれもここで自分を追い詰めすぎないように!

あくまで過去の反省です。

自分への批判ではないことを覚えておきましょう。

まとめ

ということで、私も社会復帰に向けて、以上のステップで取り組んでいきます。

初めは不安で仕方ありません。

ですが徐々に、自分自身を社会という環境に慣らしていきましょう。

大丈夫です。

過去に社会に適応出来ていたんですから。

たまたまつまずいただけで、また起き上がれます。

そう言い聞かせて、明日も頑張っていきましょう。

スポンサードリンク