何もかもやる気が出ない・・・ そんな時は何もしないのが一番!

何もやる気が出ない・・・

そんな1日だったり、そんな時期があったりしませんか?
そういう時は「何かをしなきゃ」と思って張り切ってしまって消耗したりとしていませんか?

そんな時の過ごし方を今日は述べたいと思います。

スポンサードリンク



何もしないのが一番!

「何もやる気が出ない」という時は、何もしないということが一番です。

何もやる気が出ないというのは、身体が動かないというサインだからです。

あえて動かしてしまうとどうなるか

そんな状態で、無理して身体を動かしてしまうと、心身ともに消耗してしまいます。

リフレッシュのつもりで物事に取り組んだつもりなので、どっと疲れてしまった・・・
そのような経験はありませんか?

それは身体が休みたいというサインに反して、身体を動かしているからです。
そのサインに自分自身が気づかなければなりません。

疲れていますよーというサインに気づかず、身体を動かし続ければ、一向に疲れは取れません。
「何もかもやる気が出ない」状況がまた続き、また続きという悪循環になってしまいます。

その状況が最悪のものを引き起こしてしまいます。

それはうつ病です。

無理をしないという選択肢を持つ

人間である限り、パワーは有限です。
ありもしないのにパワーをひねり出そうとする人が、この世の中に大勢います。

それは周りの環境がそうさせないようにしているのか、はたまた自分自身の性格なのか、可能性は色々あります。

ただ覚えておきたいのは、やる気の源やパワーは有限であるということです。

もし枯渇してしまえば、それこそ廃人になってしまいます。

廃人になってしまえば、通常の生活に戻るのにかなりの時間を要します。
なんとしてでもそのような状況は避けなければなりません。


スポンサードリンク




何もしないという時間を作ることの大切さ

人はつい、「何もしない時間」というのに罪悪感を覚えてしまいます。

ですがそんなことはありません。
これから使うやる気の源やパワーの大事な充電期間です。

その時間が人によっては様々かもしれません。

ある人は1時間あれば十分だと言うかもしれません。

またある人は1日かもしれません。

またまたある人は1ヶ月かもしれません。

さらにある人は1年と言うかもしれません。

人生に正解なんてないように、何もしない時間の正解なんてありません。
強いて言えば、「これをやってみたい!」と頭のスイッチが入った時がその瞬間です。

まとめ

私も絶賛やる気が出ないモードに突入しています。。。笑
自戒の念も込めて、この記事を書きました。

大事なのはしっかり自分の時間を取ったのちに、行動することです。

自分自身の充電期間として「何もしない時間」という期間を大切にしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください