DTMや楽器用にピッタリでコスパ良し!オーディオテクニカのATH-M20xを買ってみた!

DTMやキーボードやギターなどの楽器を演奏する上で、モニター用のヘッドホンを使用することをオススメされます。

通常のヘッドホンだと、低音が強調されていたりして、正しい音をキャッチ出来ない為です。

その正しい音を聞くには、モニターヘッドホンが役に立ちます。

今回はモニターヘッドホンの中でも、安めなモデルであるオーディオテクニカのATH-M20xを購入しました!

結論から言うと、6000円くらいで買えるモニターヘッドホンとして、かなりコスパの良いモデルだと思います。


スポンサードリンク


ATH-M20xの梱包・外観


梱包されている箱は、かなりしっかりしたものです。

よくあるプラスチッキーな梱包ではありませんでした。


箱を開けると、ヘッドホン本体と説明書が入っています。

ちなみに今回購入したものは、ケーブルが3mのものです。

短い方がいいという方は、1.6mのものがAmazonで購入することができます。


見た目はシボ加工をされた樹脂を使用しており、なかなか良いです。


頂部には「audio-technica」とドドンと載っています。


プラグはφ6.3mmとφ3.5mmの両方に対応しています。

ATH-M20xの使用感

実は今まで私はヘッドホンを敬遠していました。

なぜなら使用していて疲れるから。

重くて首回りがこってしまうんですよね。

このヘッドホンも手に取るまではそういう不安がありましたが、ATH-M20x、かなり軽いです!

装着していて変に重さを感じないです。

また耳の上にイヤーパフを置くタイプではなく、耳の周りを囲ってくれるタイプなので、耳とずっと接触することもなく、疲れにくい仕様です。

長時間の使用となっても、実用に耐える仕上がりだと思います。

 

また楽器をやる人は、ケーブルの長さが3mある方が良いかと思います。

1.6mだと、取り回しが少し窮屈になるかもしれません。

ATH-M20xの音質

これはモニターヘッドホンなので、低音が無いという評価がされていますが、確かにその通りです。

むしろ本来の音そのものを表現できているということです。

その点では、かなり優秀なヘッドホンなのでは無いのでしょうか。

これを使ってDTMをやってみましたが、通常のヘッドホンとATH-M20xを使用したMixとでは、かなり差が生まれるんじゃ無いかなと思っています。

スポンサードリンク


まとめ

一番初めのモニター用ヘッドホンとしては、かなりコスパの良いモデルではないかなと思います!

もっと安いモニター用ヘッドホンもありますが、しっかりとしたメーカーモデルを買うことをオススメします。

その点ではATH-M20xは価格と仕様の面において、とても優れているヘッドホンです。

どのモニターヘッドホンにしようかな、と悩んでいる方は、このaudio-technicaのATH-M20xをオススメします!


スポンサードリンク