初心者のための独学からのオススメプログラミングロードマップ!

プログラミングを初めて3ヶ月くらい経ちました。

途中右往左往ありましたが、何とか続けられています。

私は昔に少しC言語を触ったことがあるくらいで、プログラミングとは縁のない生活を送っていました。

それから一転、Webデザイナーという道を選んだことをきっかけに、マークアップ言語やプログラミング言語に触れる機会ができました。

いわばほぼ初学者です。

そんな自分ですが、これまで色々と試行錯誤しながら勉強をしてきました。

今扱えるものとしては、

 

  • HTML5
  • CSS3
  • JavaScript(少し)
  • jQuery
  • PHP
  • WordPress
 

とWeb周りのものです。

おそらく今からプログラミングの勉強を始めようとする人は、サーバーサイドというよりフロント寄りの勉強から始める人が大多数だと思います。

そんな方に向けて、自分が取り組んできてオススメの学習ロードマップをまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク


始めに自分の目指す未来の姿を考える

勉強する前に、一旦自分がどのような姿を目指すか考えてみましょう。

例えばマークアップ言語であるHTML、CSSを中心にやって、Web制作で活躍できるコーダーを目指すだったり、

システムを作れるサーバーサイドエンジニアを目指したり。

ただここは勉強しながらでないと分からない部分もあるので、適宜軌道修正をしていくのもありだと思っています。

 

自分の目指す未来が分かっていると、何に手をつければいいかわかるので、学習コストを減らすことができます。

常に道筋というのを考えて勉強していきましょう。

初心者向けのオススメプログラミングの学習ロードマップ

とにかくプログラミングは分かんないけど、やってみたい!

そういう人は以下のステップを踏んで取り組んでみることがオススメです。

自分もこの通りに進めていきました。

Progate

プログラミングを学べるWebアプリサービスです。

無料でも使えますが、全ての機能を使うには月額1000円ちょっとかかります。

ですが初期投資として、ここは課金するべきです。

Progateの特徴は、やるべき道筋が明確になっていること。

どこをどう手をつけたらいいのかが分かるため、初心者に優しいです。

またプログラミングを打ち込むエディタをインストール必要もなく、ブラウザにプログラミングしていくスタイルなので、環境構築の手間がかかりません。

お手軽にプログラミング学習を始めることができます。

第一歩としては、最も適した勉強方法です。

 

その中でもオススメのコースは以下のものです。
  • HTML/CSS
  • Sass
 

ここの基礎を抑えておけば、Web制作の基本的なところはできるようになります。

またSassを使うことで、効率的にCSSを記述していくことが可能です。

ここのコースの道場編まで出来るようになればOKです。

ドットインストール

次にドットインストールを利用してみましょう。

こちらも無料で使えるコースもありますが、月額1000円ちょっとで全てのコースを利用できます。

ここで復習がてらHTML、CSSをやってみましょう。

そしてドットインストールでは、以下のものをやってみましょう。

 
  • JavaScript
 

JavaScriptはProgateでも学べますが、HTMLを操作するDOM操作を学べません。

一方でドットインストールではその点をカバーできています。

またこちらではエディタを使って自分でアプリケーションを作るので、実践的でもあります。

このところを抑えておけば、ある程度のWeb制作は出来るようになります。

 

以降は自分がどの道に進むかで路線を変えましょう。

CMSを使ったWeb制作をやりたい人

WordPressなど、CMSを使ったWeb制作をやりたい人は以下の手順で勉強しましょう。

Progate

もう一度Progateに戻って、PHPを勉強しましょう。

ここではPHPを使ったWebサイトを作ることができます。

一般的な文法やクラスなどの説明も丁寧にしているので、ここで基礎を固めましょう。

Udemy

Udemyという動画教材配信サイトで勉強することもオススメです。

ここでもPHPとMySQLを扱ったコースがいくつかあります。

中でもオススメなのが、たにぐちまことさんのコースです。

とても丁寧で分かりやすく解説してくれます。

必ずセール期間中にコースを買うようにしてくださいね。

セールは大体月に1回のペースで行っているようです。

書籍

WordPressの書籍もたくさん出ていますが、個人的には以下の本がオススメです。


「ビジネスサイトを作って学ぶ WordPressの教科書」がオススメです。

Amazonの評価は微妙なところですが、個人的には良書だと思っています。

この本で学習することにより、ビジネスサイトを作るスキルを身に付けることができます。

難点としては誤記がいくつかあるので、公式ページの訂正表をメモして活用しましょう。

これで学んだことをアレンジすることで、自分のサイトを作り上げていきましょう。

アプリエンジニアになりたい人

個人的にはこの路線を歩みたいと思っています。

まだ手付かずな部分なので、どう勉強するかはよく分かってはいませんが、多分以下の通りに勉強すると思います。

Udemy

やはりUdemyを活用することになりそうです。

アプリ開発として挙げられるのはReact NativeだったりFlutterがありますが、それらのコースもあります。

また英語のコースも豊富なので、英語ができる人はそちらもオススメです。

独学での勉強だと媒体が限られるので、しっかり活用していきましょう。

インターネットの記事

あとは公式ページだったり、インターネットの記事を探していきましょう。

これは日本語だけでなく、英語でも探していきます。

プログラミングの世界の最もいいことは、ググれば答えが見つかることが多いということです。

これはとても幸せなことだと思います。

根気強くググっていきましょう。

スポンサードリンク


まとめ

今の時代はプログラミング学習の手段がたくさんあります。

自分はスクールにも通っていますが、独学でも何とかなるというのが持論です。

一部スクールにも行った方がメリットのある場所もありますが。

まずは目標をしっかりと持って、勉強に取り掛かっていきましょう。

大事なのは継続することです。

その点を忘れずに頑張っていきましょう!

スポンサードリンク