三社参りって九州独自の文化だった!? 三社参りにおすすめの福岡の神社をご紹介

もうすぐ今年一年が終わろうとしていますね。

この一年、あっという間だと思われる方も多いんじゃないでしょうか。

さて、皆さんは初詣は行かれていますか?

一年の感謝を捧げたり、新年の無事と平安を祈願したりと、日本人に馴染みの深い行事の一つです。

さてこの初詣、九州を中心に3つの神社を回ることが風習としてあるのをご存知ですか?

また逆に福岡県人を中心にした人にとっては「三社参りしないの!?」という驚きもあると思います。

今回はこの3つの神社を回る「三社参り」(三社詣)についての話題です。

三社参り(三社詣)とは?

以下参考文献より

三社参り

三社参り(三社詣)とは、正月の初詣に三つの神社へ行くことをいいます。

福岡県を中心として九州地方・中国地方の一部で強く根付いている風習です。

地域によって「一日のうちに三社詣でなければならない」「三が日の間に詣でなければならない」といった決まりはルールは特に存在しません。

また、「三社」は具体的にどの三つの神社を詣でるべきか?どういう順番で詣でるべきか?という事は、これは定番がはっきりと定まっている地域もあれば、まったく定まっておらず好きな三社を詣でる、という地域もあります。


とのことです。

スポンサードリンク



なら、そもそも由来って何だろうと調べて見ました。

こちらも諸説あるようです。

諸説1

元々朝廷が伊勢神宮、石清水八幡宮、賀茂神社の三社に奉幣し、これが庶民にも三社参拝する風習として広まった、という説。

諸説2

もともとは先祖代々の守護神である氏神様、出生地の守護神でありその人の一生の守り神である産土神様、現在住んでいる地域の守護神である鎮守神様の三つの神様に挨拶をする意味で三社参拝していた、という説。


詳しいことはわからないですが、風習として今にまで残っています。

とにかくたくさん回るとご利益がありそう!

ということで三社参りと言えば福岡の、おすすめの神社をご紹介します。

初詣におすすめ! 福岡の神社4選

太宰府天満宮

他県にお住いの方でも、名前だけは聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

菅原道真を祀っている天満宮の一つです。

全国天満宮の総本社とされ、初詣の際には毎年200万人!

年間だと850万人以上が訪れる福岡でも最大の神社です。

学問の神様ということで、受験生などに絶大な人気を誇っています。

福岡の太宰府天満宮に初詣・厄除けに行って来ました

2018.01.07


宮地嶽神社

全国にある宮地嶽神社の総本社です。

毎年220万人以上の参拝客が訪れており、特に正月三が日には100万人以上の人々が訪れているそうです!

また開運商売繁昌の神社として知られています。

2016年にJALのCMの舞台となり、人気になりましたね!



スポンサードリンク


筥崎宮

筥崎八幡宮とも呼ばれており、3大八幡宮の一つです。

筥崎宮は厄除・勝運・海上交通の神様として、福岡の人たちから信仰を集めています。

その為福岡ソフトバンクホークスの選手たちをはじめとしたスポーツ選手も通っているようで、実際に絵馬を見ることもできます。

福岡市の神社「筥崎宮」へ初詣に行って来ました

2018.01.03


香椎宮

日本に16しかない勅祭社の一つです。

また香椎造りという本殿は国の重要文化財に指定されている由緒にある神社です。

また不老水と呼ばれる、日本名水100選に選ばれたお水も飲むことができます。

福岡市の神社「香椎宮」へ初詣に行って来ました

2018.01.04


まとめ

いかがでしたか。

福岡には歴史のある神社がたくさんあることが分かりますね!

年始に福岡に滞在する方はぜひ、これら神社を巡って運気を呼び込んでみてください!

スポンサードリンク