福岡の太宰府天満宮に初詣・厄除けに行って来ました

福岡の神社と言えば!?

と高確率で返ってくるのは福岡県太宰府市にある「太宰府天満宮」でしょう。

学問の神様の菅原道真を祀っている神社です。

正月にはたくさんの参拝客で賑わいます。

私も太宰府天満宮に初詣に行って来ました。

三社参りって九州独自の文化だった!? 三社参りにおすすめの福岡の神社をご紹介

2017.12.13

スポンサードリンク


太宰府天満宮とは?

以下公式HPより

太宰府天満宮は、菅原道真公の御墓所の上にご社殿を造営し、その御神霊永久にお祀りしている神社です。 「学問・至誠・厄除けの神様」として、日本全国はもとより広く世のご崇敬を集め、年間に約800万人の参拝者が訪れています。

Wikiより

初詣の際には九州はもとより日本全国から毎年200万人以上、年間にすると850万人以上の参詣者がある。現在、京都の北野天満宮とともに全国天満宮の総本社とされ、また菅公の霊廟として篤く信仰されている。

初詣の際には200万人以上!

かなり人気なスポットです。

学問の神様ということで、受験勉強している学生に圧倒的な人気を誇っています。

それ以外にも、厄除けの神様として幅広い世代に信仰されています。

太宰府駅から参道へ

天気はあいにくの曇り空に、雨も少し降っていました。

それでも多くの参拝客で賑わっていました。

参道には多くのお店が並んでいます。

中でも梅ケ枝餅のお店が目立ちますね!

オススメの梅ケ枝餅点はかさの家!

数ある梅ケ枝餅店がある中で、オススメは「かさの家」の梅ケ枝餅です!

外はパリッと、中はとても上品な甘さが特徴の梅ケ枝餅です。

人気店ため、長蛇の列が出来ているほどです。

しかし回転率は非常に高いため、並んでもすぐに注文することが出来ます。

正月期間は「5個セット」「10個セット」「単品(食べ歩き用)」の3つが用意されていました。

太宰府天満宮に訪れた時は、ぜひ食べてみてくださいね!

御本殿へ

御本殿は国の重要文化財に指定されています。

お賽銭は大きく場所を取っているので、一度で多くの人を受け入れることが出来ます。

私の行った日は、そこまで並ばずにお参りすることが出来ました。

厄払いをしよう!

本殿横では、厄払いの受付をしています。

受付の紙に、名前を住所を書いて提出します。

シーズンだとだいたい30分に1回のペースで厄払い・御祈願を行なっています。



順番になると、記入した用紙を渡して、本殿へ上がります。

場所は自由に座ってよく、体勢も崩して良いようです。

あぐらをかいている方も結構いました。

私は正座で踏ん張りました 笑

そして厄払い・御祈願をしてもらいます。

この時に名前と住所を言ってもらえるのです。

言ってもらえる瞬間って、嬉しいですよね。

大体30分ほどで終了します。

スポンサードリンク


最後はお神酒を頂く

厄払い・御祈願が終わると、お神酒を頂けます。

場所は日本の国旗が掲げてある場所です。

せっかくなので、頂いていきましょう。


まとめ

参拝と厄払いを行なって来ました。

正月は大賑わいする太宰府天満宮。

行った際には、御祈願をしてもらうといいと思います!

そして梅ケ枝餅も食べましょうね!

スポンサードリンク