メイプルハーバーで便利に楽に、神奈川から広島へ移動!

東京・神奈川から広島への移動って色々ありますよね。

メインなのは新幹線です。

ただちょっと遠いです。。。

飛行機も飛んでいます。

しかし広島空港は広島市街地から距離があり、交通において不便です。

そこでおすすめなのが、神奈川と広島を結ぶ高速バスです。

その名はメイプルハーバー。

今回はそのメイプルハーバーを利用して、神奈川から広島へ移動しました。

チケットは発車オーライネットで予約出来ます。

スポンサードリンク



横浜・町田から広島へ

メイプルハーバーは、横浜・町田と岡山、倉敷、福山、広島市を結んでいます。

夜行バスなので、夜に出発して、翌日の朝に現地に着くことができます。

寝ている間に移動するので、時間を有効に活用できます!

町田は6番ホームから発車

町田からは夜の9時にバスが発車します。



「MAPLE HARBOR」と大きな文字が書かれたバスです。

荷物を預ける際に、目的地を告げます。

受付している担当者に乗車票を見せて、搭乗します。

この際にポイントカード発行することが可能です。

ポイントが貯まれば、片道分無料で乗ることができます。

充実の車内空間

広々とした独立の3列シート!

メイプルハーバーは独立3列シートの車両です。

前後左右の席とも距離があり、飛行機や新幹線と比べて広々と車内を過ごすことができます。

広い分、リクライニングも他の人に考慮する必要はありません。

それぞれにカーテンも備わっており、プライバシーにも配慮されています!

座席には読書灯やコンセントもあり、作業をすることもできます。

またdocomoだけですが、Wi-fiも飛んでいます。

もちろん化粧室付き

車両後方には、化粧室も付いています。

途中足柄SA以外には降りることができないので、重宝します。

安心の2人体制での運行

ドライバーは2人体制での運行です。

安全に対してしっかりと配慮された運転・運行がされます。

足柄SAで途中休憩

乗客は足柄SAで下車することができます。

これ以降はサービスエリア、パーキングエリアで降りることができません。

ここで飲み物などをしっかりと購入しておきましょう。



スポンサードリンク



朝方に目的地に到着!

足柄SAを出てからは、車内は消灯されて暗くなります。

しばらくはおやすみモードです。

神経質でない限り、車内で眠ることができると思います。

冬場は少し乾燥が気になったので、マスクなどがあると良いと思います。

 

目的地の広島バスターミナルには8時頃に到着しました。

10時間近い運行でしたが、ほとんど寝ていたのであっという間でした。

まとめ

新幹線や飛行機と比べて、時間を有効に使えてなおかつ安上がりです。

メイプルハーバーは個人的にお気に入りの路線で、かれこれ3回ほど利用しています。

疲労が溜まりやすいと思われがちな高速バスですが、独立シートは体への疲労はかなり軽減されています。

是非広島や神奈川へ用がある際には、メイプルハーバーを利用してみてくださいね。

スポンサードリンク