MacBook Proのバタフライキーボードは普通に使うと疲れちゃう・・・

初のMacだー!

この春に初めてAppleの製品、MacBook Proを購入しました。

初めてでしたが扱いやすさに感動して、今やメインPCだったVAIOを差し置いて、こちらをずっと使っています。

そしてこの秋からブログを始めたことにより、文字を打つ機会が増えました。

そこであることに気がつきました。

このキーボード、たくさん打つと疲れやすい!

従来のキーボードのように、カタカタカタ、ッターン! と繰り返し売っていると、指が疲弊してしまっています。



スポンサードリンク



特に右中指の疲労具合が半端ないです。私の場合。。。

2000文字とか打ってしまうと、もうズキズキします。

色々と調べてみると、やはりこのバタフライキーボードに苦労されている方もいるようですね。

私もずーっとストロークの深いキーボードに慣れていたので、その感覚で打鍵してしまいます。

ポイントは優しく触れる

疲れないコツは、激しくバチバチと叩かずに、優しく触れるようにタッチすることみたいです。

む、難しい。。。

優しく優しくタッチする。

今この記事を打っているのも、それを意識しながらやっていますが、妙にピクピクしながら打っています 笑

しばらく慣れが必要かもです。。。



打鍵音は気づかなかった

そういえばバタフライキーボードの記事を見たときに、打鍵音がうるさいという記事を見かけましたが、自分は言われるまで気づきませんでした。
(ちなみに使っているのは2016年モデルです)

鈍感だったんでしょうか 笑

それとも従来のMac製品と比較してだと信じておきます。。。

スポンサードリンク



まとめ

人によってはこのキーボードがとてもいいという人もいます。

まさに賛否両論ですね。

ブログを書く身としては、なんとしても長文を書けるようなタイピングスキルを身につけなければなりません。

いざバタフライキーボードに慣れてしまうと、従来のキーボードが打ちにくく感じてしまう弊害があるかもしれませんが 笑

優しく優しくタッチする、これから心がけていきます。

あとMac好きな人が、なぜMacを愛好するのかが最近少し分かり始めてきました。

まだまだ使い慣れていませんが、これから使いこなしていきたいですね。





ちなみに

私のVAIOはまだ現役です!!!
Eシリーズの2012年モデルですが、DTMや音楽の取り込みは全てVAIO経由です。

COREi7とメモリ8GB積んでいますからね。

偶然ヨドバシカメラでセールしていたのを10万円で購入できたのはよかったです。
何気に愛着ありますからね。

調子が悪かったので今年一旦初期化しましたが、それからは好調です。

VAIOが身売りされても、WindowsはこれからもVAIOを買うと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください